コラム|青葉台で歯科をお探しの方はもてき歯科医院まで

青葉台駅より徒歩5分で通院便利
〒227-0062 横浜市青葉区青葉台1-15-14

青葉台・もてき歯科医院
  • 地図
  • メニュー
  • こんな症状はむし歯かも?

    皆さんこんにちは。もてき歯科医院です。

    むし歯というのは、気付いた時にはある程度、進行してしまっていることが珍しくありません。これは軽度から中等度にかけてのむし歯は、自覚症状に乏しい傾向にあるからです。そこで今回は、むし歯の早期発見に役立てていただけるよう、進行度別の詳しい症状についてご紹介します。

     

    初期のむし歯は「白濁」が認められる

     

    発生して間もないむし歯を専門的には「初期う蝕」といいます。この段階では、まだむし歯菌によって歯質が溶かされていないため、一見すると何の異常も見当たりません。けれども、歯の表面をよく観察してみると「白濁(はくだく)」が認められることがあります。これは初期のむし歯特有の病変であり、早期発見に役立つ重要な症状といえます。

     

    軽度のむし歯に痛みはない

     

    まだあまり進行していないむし歯は、細菌の感染がエナメル質だけにとどまっています。エナメル質には、痛みを感じる神経が存在していないことから、「歯痛」という症状が現れないため注意しましょう。ただ、歯の表面に穴が空いたり、冷たいものがしみたりするなどの症状は認められます。

     

    中等度のむし歯は痛みが強い

     

    むし歯が象牙質にまで達すると、強い痛みを発するようになります。また、歯の表面が黒くなるなどの変化も認められるようになります。この段階になると、ほとんどの人が虫歯の発症に気付くものです。

     

    末期のむし歯では痛みが消える?

     

    むし歯菌が歯の根っこにまで侵入し、歯冠も崩壊してしまったようなむし歯では、ものすごく強い痛みを感じることになりますが、やがてはその痛みも消えていきます。これは歯の神経が死んでしまったためです。この段階でむし歯が治ったと安心してはいけません。なぜなら、単に神経が死んでしまっただけで、むし歯は依然として存在しているからです。

     

    まとめ

     

    このように、むし歯は初期の段階でも、その独特な症状に気付くことで早期治療が可能となります。当院の定期検診を受けていただくことで、そうした初期う蝕の発見も容易に行うことができます。また、重症化してしまったむし歯でも、最善といえる治療法をご提案いたしますので、むし歯にお困りの方は、お気軽に当院までお越しください。