コラム|青葉台で歯科をお探しの方はもてき歯科医院まで

青葉台駅より徒歩5分で通院便利
〒227-0062 横浜市青葉区青葉台1-15-14

青葉台・もてき歯科医院
  • 地図
  • メニュー
  • むし歯は自然に治らない病気

    皆さんこんにちは。

    もてき歯科医院です。

     

    風邪のような感染症は、安静にしていることで治るケースが大半です。

     

    一方、同じ感染症であるむし歯は、安静にしていても治ることはありません。

     

    これはむし歯という病気と向き合う上で、とても重要なポイントです。

     

    今回はそんなむし歯が自然に治らない理由や治す方法についてわかりやすく解説します。

     

    歯を削らなければ治らない

    風邪の原因となるウイルスや細菌には、いろいろな種類がありますが、喉の粘膜などに感染して、発熱や腫れを引き起こす点が共通しています。

     

    そうした喉の粘膜や周囲の組織には、白血球などの免疫細胞が集まりやすく、身体が持つ免疫機能で病原体を排除することが可能です。

     

    その点、むし歯はエナメル質や象牙質という、硬組織に感染が起こる病気であるため、身体の免疫で治癒させることが不可能なのです。

     

    つまり、細菌に感染した歯質を削らなければ完治させられないのです。

     

    放置すると着実に進行する

    自然に治らないということは、放置することで病態がどんどん進行していきます。

     

    ですから、むし歯の症状が認められたら、すぐに当院までお越しください。

     

    むし歯治療を開始する時期が早ければ早いほど、重症化を防止できます。

     

    また、治療の際に歯を削る量も最小限に抑えることができます。

     

    初期のむし歯は削らなくても良い?

    歯の表面に穴が開いていない「初期う蝕」であれば、歯を削らずにその進行を止めることができます。

     

    白い斑点として現れた病変部にフッ素を塗布すると、歯の再石灰化が促され、それ以上脱灰が進まなくなるからです。

     

    もちろん、フッ素を塗るだけでなく、正しい歯磨きの方法を身に付け、毎日実践することも必須となります。

     

    まとめ

    このように、むし歯は自然に治らない病気であるため、歯に気になる症状が認められたらすぐに歯科を受診しましょう。

     

    歯質は一度失うと元には戻せない組織なので、できる限り保存に努めることが大切です。

     

    当院であればそのお手伝いができます。