コラム|青葉台で歯科をお探しの方はもてき歯科医院まで

青葉台駅より徒歩5分で通院便利
〒227-0062 横浜市青葉区青葉台1-15-14

青葉台・もてき歯科医院
  • 地図
  • メニュー
  • 乳歯のむし歯の進行が早いのはなぜ?

    皆さんこんにちは。もてき歯科医院です。

    子どもの歯である乳歯は、大人の歯である永久歯とさまざまな点で異なります。例えば、乳歯の方が永久歯よりも「むし歯になりやすい」「むし歯の進行が早い」といった話はよく耳にしますよね。今回はそんな乳歯のむし歯の特徴について詳しくご紹介します。

     

    乳歯は歯質が未熟

     

    乳歯は永久歯と同じように、エナメル質と象牙質によって構成されています。その中心部には「歯髄(しずい)」と呼ばれる歯の神経や血管が分布している点も同様です。けれども、歯質の成熟度においては、両者に違いが見られます。具体的には、子どもの歯である乳歯の方がいろいろな点で未熟なのです。それがむし歯にかかった際の症状の違いを生じさせているのです。

     

    乳歯がむし歯にかかりやすい理由

     

    乳歯は歯質が未熟であるため、むし歯菌が産生する酸に対して弱い傾向にあります。また、汚れがたまりやすい部位が多かったり、糖分の多い食事を摂っていたりするなど、むし歯菌の活動が活発化しやすい環境にあることも、乳歯がむし歯にかかりやすい原因として挙げることができます。

     

    乳歯のむし歯の進行が早い理由

     

    私たちの歯には、細かな隙間が無数に存在しています。乳歯ではこの隙間が広く、一度むし歯にかかってしまうと、どんどん進行していく傾向にあるのです。これが乳歯のむし歯の進行が早い理由です。それに加えて、乳歯のエナメル質や象牙質は、永久歯の半分の厚みしかないことから、あっという間に歯の神経にまで到達してしまいます。これもむし歯の進行に大きく関係している点といえます。

     

    まとめ

     

    このように、乳歯がむし歯になりやすく、一度かかったらどんどん進行してしまうのは、歯質そのものに違いが見られるからです。さらに、食習慣の違いや口腔衛生状態が悪くなりやすいという点も加わって、大人よりもむし歯にかかりやすくなっています。お子さまのむし歯を予防するためには、そうした点も意識した予防習慣を身に付けることが大切です。