コラム|青葉台で歯科をお探しの方はもてき歯科医院まで

青葉台駅より徒歩5分で通院便利
〒227-0062 横浜市青葉区青葉台1-15-14

青葉台・もてき歯科医院
  • 地図
  • メニュー
  • 唾液を調べてむし歯のリスクを評価する方法

    皆さんこんにちは。もてき歯科医院です。

     

    むし歯というのは、発症すると歯が溶けたり、表面が黒ずんだりして、どれくらい進行しているかを評価しやすい病気といえますよね。これは目に見える形で歯質が崩壊していくからです。一方、むし歯になりやすいかどうか、というのはなかなか目で見て評価することは難しいです。そこで当院では、唾液を調べることで、むし歯のなりやすさを測定しています。

     

    唾液を調べて何がわかるの?

     

    むし歯は、細菌に感染することで発症する病気です。つまり、細菌感染症の一種といえるのです。そのため、お口の中にどれくらいのむし歯菌がいるかによって、その発症リスクもある程度評価することができるのです。これは、同じ細菌感染症である歯周病にもいえることです。

     

    どうやって唾液を調べるの?

     

    むし歯のリスクを調べるための唾液検査は、非常に簡単な方法で実施することができます。患者さまの唾液を検査用の紙に付着させ、専用の機器にセットするだけです。およそ5分で検査結果がでるため、その場ですぐお口の中の状態について知ることができますよ。検体を採取する際に、痛みや不快感を伴うこともありませんので、気軽に受けることができます。

     

    検査結果を予防や治療プランに反映させる

     

    唾液検査によって、お口の中の細菌数やその種類がわかったら、予防や治療プランの立案に反映させます。当院の予防歯科では、患者さまお一人おひとりに最適な予防プログラムをご提案いたしますので、むし歯や歯周病をしっかりと予防していきたい、という方はぜひ当院までお越しください。

     

    まとめ

     

    このように、唾液を調べる検査は、簡便に行うことができ、なお且つお口の中の衛生状態も把握できるため、非常におすすめといえます。むし歯のリスクというのは、普段の生活ではなかなか判定しにくいものであるだけに、こうした専門性の高い検査を受けて、定期的にお口の状態をチェックしていきたいものです。そうすることで、より効率的にむし歯や歯周病を予防することが可能となります。