コラム|青葉台で歯科をお探しの方はもてき歯科医院まで

青葉台駅より徒歩5分で通院便利
〒227-0062 横浜市青葉区青葉台1-15-14

青葉台・もてき歯科医院
  • 地図
  • メニュー
  • 歯周病が疑われる症状について

    皆さんこんにちは。もてき歯科医院です。

    歯周病は、自覚症状に乏しい病気とおもわれがちですが、いくつかわかりやすい症状が認められることがあります。そうした歯周病独特の症状に早い段階で気付くことができれば、早期治療につなげることもできます。そこで今回は、歯周病が疑われる症状について詳しく解説します。

     

    歯ぐきが赤く腫れて出血が認められる

     

    軽度の歯周病では、歯ぐきにのみ症状が認められます。もっともわかりやすいのは歯ぐきの腫れや赤み、ブラッシング後の出血ですね。これらは歯を磨く際に毎日鏡でしっかりとチェックすることで自覚することが可能です。この段階で歯周病に気付くことができれば、完治させることも難しくはありません。

     

    口臭が強くなった

     

    口臭が強くなるというのも、歯周病におけるわかりやすい症状のひとつといえます。歯周病にかかると、歯周病菌が「メチルメルカプタン」と呼ばれる揮発性のガスを産生するため、タマネギの腐ったような臭いを発するようになるのです。また、「朝起きた時に口の中がネバつく」といった症状も、歯周病が影響していることが多いです。

     

    食べ物が噛みにくくなった

     

    食事の際に「食べ物が噛みにくくなった」という症状は、その背景に歯周病が潜んでいる可能性があります。歯周病が進行すると、歯周組織が歯を支え切れなくなり、咀嚼能率が低下するからです。歯がグラグラと揺れ動き始めたら、いよいよ歯周病の末期とお考えください。そこまで進行すると、抜歯以外の治療方法がなくなるため要注意です。そうなる前に適切な治療を受けることが大切です。

     

    まとめ

     

    このように、歯周病では歯ぐきの発赤や腫脹、出血といった比較的わかりやすい症状から、「口臭が強くなった」「食べ物が噛みにくくなった」といった、一見すると歯周病とは無関係な症状まで、さまざまなものが現れます。いずれにせよ、こうした症状に気付いた時点で当院までお越しください。歯周病にかかっているかどうかを診断し、適切な処置を施します。ちなみに当院では、重症度の高い歯周病の治療も得意としております。