コラム|青葉台で歯科をお探しの方はもてき歯科医院まで

青葉台駅より徒歩5分で通院便利
〒227-0062 横浜市青葉区青葉台1-15-14

青葉台・もてき歯科医院
  • 地図
  • メニュー
  • 歯周病と全身の病気との関係について

    皆さんこんにちは。もてき歯科医院です。

    歯周病は、単なる歯ぐきの病気と思われがちですが、重症化すると顎の骨が溶けるなどの重たい症状も現れてきます。さらには、全身の病気を引き起こすこともあるため、注意が必要です。そこで今回は、歯周病を治療せずに放置することの危険性と、全身疾患との関わりについて詳しく解説します。

     

    心臓や脳の病気との関わり

     

    歯周病の末期症状としては、顎の骨が溶けて歯を支えられなくなり、歯槽骨から歯が抜け落ちるといったものが挙げられます。これだけも極めて重たい病気であるといえますが、実はその先にもさらに重篤な症状が現れることがあるのです。それは心臓や脳の病気である、心筋梗塞や脳梗塞との関連です。お口の中で歯周病菌が増殖すると、その一部が血流に乗り、血管の中で悪さをし始めるのです。それが心筋梗塞や脳梗塞といった重篤な全身疾患へとつながっていきます。

     

    糖尿病の症状を悪化させる

     

    重症化した歯周病によって血流に乗った毒素や細菌は、糖尿病の症状を悪化させることも知られています。具体的には、インスリンと呼ばれる血糖値を下げる物質に作用し、その働きを阻害してしまうのです。糖尿病というのはそもそもインスリンが十分に分泌されなくなったり、インスリンの作用が弱まったりする病気ですので、歯周病による悪影響がそのまま病気の悪化へとつながるのです。

     

    誤嚥性肺炎を引き起こす

    これもまた口腔内で繁殖した歯周病菌による影響ですが、その一部が唾液や食物と一緒に誤って気管へと入ることで肺炎を発症させることがあります。最近、よく耳にする「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」と呼ばれるものですね。歯周病と肺炎には、一見すると何ら関連性がないように思われますが、現実には高齢の方に頻発しているため注意が必要です。

     

    まとめ

     

    このように、たかが歯周病と考えて治療を受けずに放置していると、思いもよらない重篤な病気を引き起こすことがあります。そうならないためにも、歯周病の症状が認められたら、すぐに当院までお越しください。重症度に応じた歯周病治療を実施いたします。