コラム|青葉台で歯科をお探しの方はもてき歯科医院まで

青葉台駅より徒歩5分で通院便利
〒227-0062 横浜市青葉区青葉台1-15-14

青葉台・もてき歯科医院
  • 地図
  • メニュー
  • 親知らずが腫れた、抜きたい方へ

    皆さんこんにちは。

    もてき歯科医院です。

     

    親知らずは、その他の永久歯と比べてトラブルを起こしやすい奥歯です。

     

    実際、顎が痛い顎が腫れた、といった症状でご来院いただいた患者さまでは、親知らずに原因があることが多々あります。

     

    今回はそんな親知らずについて、なぜトラブルの原因になりやすいのか、治療法も含めて解説します。

     

    そもそも親知らずとは?

    親知らずとは、20歳前後に生えてくる永久歯です。

     

    その頃にはすべての永久歯が生えそろっているので、親知らずが生えてくるスペースが不足しがちです。

     

    その結果、斜めに生えてきたり、半分埋まった状態のままになったりするのです。

     

    そうした生え方の異常によって、いろいろなお口のトラブルを引き起こします。

     

    親知らずが晴れるのはなぜ?

    親知らずが腫れる原因としては、親知らずのむし歯や歯周病が挙げられます。

     

    異常な生え方をしている親知らずは、清掃性が悪く、むし歯や歯周病にかかりやすいからです。

     

    また、隣の歯の歯根を圧迫したり、かみ合わせに異常をもたらしたりすることでも、腫れや痛みが生じます。

     

    親知らずの治療法

    親知らずが原因でお口のトラブルが生じると、抜歯適応されるケースが非常に多いです。

     

    これは、時間をかけて親知らずを治療しても、再びトラブルの原因となる可能性が高いからです。

     

    それならば、いっそ抜歯をしてしまった方が予後が良くなると判断し、抜くことを選択します。

     

    もちろん、すべてのケースで親知らずを抜くというわけではなく、状態によっては保存できることもあります。

     

    大切なのは、精密に診断した上で、最適といえる治療法を選択することです。

     

    まとめ

    このように、親知らずが痛い、腫れた、抜きたいという方は、まずは正確な診査・診断が必要となります。

     

    その上で、最善といえる治療法をご提案しますので、できるだけ早期に当院までご連絡ください。

     

    今現在、親知らずに症状がなくても、今後どのようなリスクがあるのか知りたいという方も、お気軽にご相談ください。