コラム|青葉台で歯科をお探しの方はもてき歯科医院まで

青葉台駅より徒歩5分で通院便利
〒227-0062 横浜市青葉区青葉台1-15-14

青葉台・もてき歯科医院
  • 地図
  • メニュー
  • 重度の歯周病の治療法について

    皆さんこんにちは。もてき歯科医院です。

    当院では、他院で抜歯する他ないと診断された重度の歯周病であっても、その他の治療法をご提案することが可能です。もちろん、ケースによっては抜歯となることもありますが、その他にも選択肢があるということをご紹介します。

     

    重度の歯周病で抜歯となる理由とは?

     

    病態が進行した歯周病では、歯を抜かなければならなくなります。それは歯周病が歯を支える組織を破壊する病気だからです。具体的には、歯肉や歯根膜、歯槽骨などの組織が破壊され、歯を支えきれなくなることから、抜歯を余儀なくされるのです。逆にいうと、破壊された歯周組織をもとに戻すことができれば、抜歯を免れることができるのです。

     

    歯周組織再生療法

     

    重度の歯周病に対しては、歯周組織再生療法というものが適応されます。歯周病によって壊された骨を再生することが主な目的で、特別な薬剤や特別な技術を要するため、どの歯科医院でも受けられるというものではありません。ちなみに、当院であれば施術可能です。

     

    歯周外科処置

     

    歯周外科処置とは、歯肉や歯槽骨などを外科的に切除したり、削ったりすることで、患部の清掃性を向上させることが可能となる治療法です。重症化した歯周病では、歯周ポケットの奥深くに歯石がたまり、根っこと根っこの間にも治療しにくい病変が生じるため、外科的な処置を施さなければ改善が難しくなります。そういった歯周外科処置を実施できる歯科医院であれば、抜歯をせずとも重度の歯周病を治療することは可能といえます。

     

    まとめ

     

    このように、例え重症化した歯周病であっても歯周組織再生療法や歯周外科処置などを実施することで、症状を改善させることが可能といえます。ですから、他院で治療を断られた、あるいは抜歯しかないと診断された場合でも、まずは当院までご相談ください。患者さまの大切な歯を残せるよう、最大限の努力をいたします。もちろん、初期から中等度の歯周病に関しても治療を行っておりますので、歯茎に異常が認められる場合はお気軽に当院までお越しください。